治療標的分子の発現変化や責任遺伝子の変異の有無、薬物代謝酵素活性を規定する遺伝子多型などを調べることにより、特定の治療薬に対し高い治療効果示す患者、あるいは有害事象の発現リスクが高い患者の同定することを目的とした分子診断を、「コンパニオン診断」といいます。
当研究部門はこれを名称とした大学機関としては国内初の研究組織であり、病理分野を軸として幅広い活動を進めております。

NEWS - 新着情報

2013年7月24日臨床検査専門誌「THE MEDICAL & TEST JOURNAL:MTJ」でコンパニオン診断の連載が決定
臨床検査分野の専門誌として広く購読されているMTJにおいてコンパニオン診断の新連載が決定し、当研究部門はこの連載企画協力をすることになりました。連載の開始は10月1日号から、期間は約1年を予定しています。第一回と最終回ほかを当研究部門が担当する予定となっています。
2013年7月8日コンパニオン診断薬を必要とする医薬品の承認申請等について厚労省が通知
厚生労働省医薬食品局審査管理課は1日付で、「コンパニオン診断薬等及び関連する医薬品の承認申請に係る留意事項について」および「コンパニオン診断薬等及び関連する医薬品に関する質疑応答集(Q&A)について」を都道府県関係部局へ通知しました。この通知の中で、本邦におけるコンパニオン診断薬等の範囲が示されました。
【通知の閲覧希望はこちらまで】
2013年6月21日【THE MEDICAL & TEST JOURNAL:MTJ】『バイオマーカーや分子病理診断などで成果』
当研究部門の平成24年度 研究部門事業報告に関するじほう社の取材内容が、6月21日付のMTJ誌に掲載されました。
【全文の閲覧希望はこちらまで】
2013年5月30日平成24年度 研究部門事業報告書を寄附企業へ提出
当研究部門の1年目の研究活動をまとめた平成24年度 研究部門事業報告書が、北海道大学病院から寄附企業三社(沢井製薬株式会社、株式会社モロオ、ほか医療関連企業)へ提出されました。
2013年4月1日平成25年度の研究活動がスタート
当研究部門の活動が2年目に入りました。これまでと同じ研究体制で引き続き活動を進めて参ります。
2012年12月3日病理学専門誌「病理と臨床」でコンパニオン診断が特集
近畿大学医学部ゲノム生物学教室・西尾先生と当部門長・松野が編集を務めた「病理と臨床」のコンパニオン診断特集(12月号)が発刊されました。病理学専門誌では初めてのことになります。
2012年10月1日研究部門が新体制でスタート
研究体制が新しくなりました。本部門の客員准教授として東レ株式会社・先端融合研究所の秋山英雄先生が、学術アドバイザーとして近畿大学医学部ゲノム生物学教室の西尾和人先生と国立がん研究センター中央病院乳腺・腫瘍内科の藤原康弘先生が就任されました。
2012年7月13日【日経バイオテク】『北大病院に新設されたコンパニオン診断学研究部門、CDxの開発から臨床利用に照準』
当研究部門の方向性や研究課題等に関する日経BP社の取材内容が、7月6日付の日経バイオテク誌に掲載されました。また同誌における本記事の週間アクセスランキングは総合で10位、分野別(医療・医薬)で4位と、コンパニオン診断分野への注目の高さが窺える結果となりました。
【全文の閲覧希望はこちらまで】
2012年7月4日【日経バイオテク】『北大病院にコンパニオン診断学寄付研究部門、北大の寄付講座等総数は28と1年前に比べ3増6減』
北海道大学の寄附講座・寄附研究部門の平成24年度における新設状況についての記事が掲載されました。
【全文の閲覧希望はこちらまで】
2012年7月1日ホームページ開設のお知らせ
当研究部門に関する様々な情報を発信していきますので、これからもよろしくお願いします。
2012年5月23日寄附企業への感謝状贈呈
北海道大学総長室にてご寄附頂いた企業への感謝状贈呈式が行われ、各社代表の方々へ感謝状が佐伯 浩総長より手渡されました。
2012年4月1日コンパニオン診断学研究部門がスタート
北海道大学病院にコンパニオン診断学研究部門が2012年4月1日付で設置されました。
この研究部門は沢井製薬株式会社、株式会社モロオ、ほか医療関連企業1社の奨学寄附金により設置されたものであります。
コンパニオン診断とは、特定の治療薬に対し高い治療効果示す患者、あるいは有害事象の発現リスクが高い患者の同定することを目的とした分子診断をいい、個別化医療の要となっています。当研究部門はこれを名称とした大学機関としては国内初の研究組織であり、病理分野を軸として幅広い活動を進めております。
2012年3月30日【北海道医療新聞】『寄付研究部門「コンパニオン診断学」来月設置』
4月1日より北大病院に設置されるコンパニオン診断学研究部門について記事が掲載されました。

北海道大学病院 コンパニオン診断学研究部門

〒060-8648
北海道札幌市北区北14条西5丁目
TEL:011-706-5716
FAX:011-707-5116