責任をもって接する「主治医」となることが第一内科の診療理念です 第一内科を受診される方へ

北海道大学病院第一内科ホーム > 第一内科を受診される方へ > スタッフ紹介

スタッフ紹介

第一内科のスタッフをご紹介します

西村 正治(にしむら まさはる)教授
西村 正治(にしむら まさはる)教授 略歴

1977年 北海道大学医学部卒業
1985年 米国マサチューセッツ総合病院呼吸器科留学、医学博士取得
1988年 北海道大学病院第一内科助手
1992年 同 講師
1997年 同 助教授
2001年~ 現職

学会役員: 日本呼吸器学会理事、アジア太平洋呼吸器学会理事、日本学術会議連携会員、日本内科学会評議員、日本肺癌学会評議員、日本アレルギー学会評議員、日本呼吸管理学会評議員
2006-2008年 ヨーロッパ呼吸器学会 日本代表
2003年 米国呼吸器学会理事

専攻 呼吸器病学、呼吸生理学、とくにCOPDの病因・病態・治療
メッセージ 北海道大学病院は学生や研修医に対する教育を行いつつ、患者様に対しては最新の診断手技と最良の治療を施すことを常に目標としています。第一内科は呼吸器疾患の患者様を中心に診療を行っており、どこの病院にも負けない高い臨床レベルと患者様への思いやりを自負しています。領域を問わず他診療科との協力体制も万全であり、疾患によっては外科・放射線科等との合議による治療方針の決定も日常的に行われています。どうぞ、安心して私どもに任せてください。
南須原康行(なすはら やすゆき)安全管理部 准教授
南須原康行(なすはら やすゆき)安全管理部 准教授 略歴 1988年 北海道大学医学部卒業
1996年 英国インペリアル大学留学、医学博士取得
2000年 北海道大学病院第一内科 助手
2003年 北海道大学病院感染制御部副部長兼務
2005年 北海道大学病院第一内科 講師
2008年 北海道大学病院医療安全管理部准教授
専攻 びまん性肺疾患、閉塞性肺疾患、呼吸器感染症
メッセージ 息をすることは、食べること以上に人間の基本です。息(呼吸)に関する病気について、わかりやすい診療を心がけています。お気軽に受診してください。
大泉 聡史(おおいずみ さとし)准教授
大泉 聡史(おおいずみ さとし)講師、外来医長 略歴 1992年 北海道大学医学部卒業
2002年 医学博士取得
2002年 米国マイアミ大学留学
2006年 北海道大学病院 助手
2008年 北海道大学病院 講師
2013年 北海道大学病院 准教授
専攻 呼吸器病学、臨床腫瘍学(特に肺癌)、腫瘍免疫学
メッセージ 外来医長をしております大泉です。内科学の中でも呼吸器、循環器、代謝疾患と重要な臓器にかかわる領域を担当しておりますので、常にベストの医療を提供できるようとりくんでいます。何かございましたら、ぜひご相談下さい。
辻野  一三 (つじの いちぞう)特任教授
辻野  一三 (つじの いちぞう)講師、病棟医長 略歴

1990年 北海道大学医学部卒業
2002年 北海道大学病院 助手、医学博士取得
2005年 米国スタンフォード大学留学
2007年 北海道大学病院 講師

2015年 北海道大学医学部 特任教授

専攻 循環器疾患、肺循環疾患、糖尿病、冠動脈内超音波(IVUS)
メッセージ 循環器疾患や糖尿病などの患者様を循環・代謝グループというチームで診療させて頂いています。診療の目標は、一人一人の患者様が安心して自分らしい人生を送れるお手伝いをすることです。病気ではなく人全体をみる気持ちを常に忘れず、そして専門医としての誇りを持って今もこれからも診療にあたっていきたいと思っています。
今野 哲 (こんの さとし)講師、外来医長
今野 哲 (こんの さとし)助教 略歴 1995年 旭川医科大学卒業
2001年 医学博士取得
2002年 米国Johns Hopkins大学喘息アレルギーセンター留学
2005年 北海道大学病院第一内科 助教
2011年 北海道大学大学院医学研究科 講師
専攻 呼吸器病学・アレルギー学
メッセージ 気管支喘息、サルコイドーシスなどの免疫アレルギー肺疾患を中心に、呼吸器の病気の診療をおこなっています。呼吸器、アレルギーの病気でお悩みの方は、ぜひご相談ください。
品川 尚文(しながわ なおふみ)講師、病棟医長
品川 尚文(しながわ なおふみ)助教、医局長 略歴

1996年 旭川医科大学医学部卒業
2006年 北海道大学大学院修了、医学博士取得
2007年 独ハイデルベルグ大学留学
2008年 北海道大学病院 助教
2011年 北海道大学大学院医学研究科 助教

2015年 北海道大学病院 講師

専攻 呼吸器病学、肺癌、呼吸器インターベンション
メッセージ 主に胸部のレントゲン写真で異常を指摘された方や、胸部腫瘍を治療中の方の診療にあたっております。胸部異常陰影を指摘された方は肺癌の疑いがあると言われ、とても不安な日々をお過ごしのことと思います。速やかに適確な検査を行い、丁寧な説明で少しでも余計な不安を取り除くことにつながればと思っております。
榊原 純(さかきばら じゅん)助教
小西 純(こにし じゅん)助教 略歴 1996年 北海道大学医学部卒業
2000年 北海道大学大学院修了、医学博士取得
2004年 北海道大学病院 助手
2005年 米国Vanderbilt大学留学
2008年 北海道大学病院 助教
専攻 呼吸器病学、肺癌、分子生物学
メッセージ 患者さんの気持ちやお考えを常に重視しながら診療にあたらせていただきけるよう日々勤めております。よろしくお願いします。
菊地 英毅(きくち えいき)助教
菊地 英毅(きくち えいき)助教 略歴 1997年 北海道大学医学部卒業
2007年 北海道大学大学院修了、医学博士取得
2007年 北海道大学病院 助教
専攻 呼吸器病学、臨床腫瘍学(特に肺癌)、腫瘍免疫学
メッセージ ご本人、ご家族の意志・意見を尊重して、一緒に診断、治療方針を相談し、最新・最善の診断、治療を提供したいと思います。
大平 洋(おおひら ひろし)助教
略歴 1998年 北里医学部卒業
2010年 北海道大学大学院修了、医学博士取得
2011年 北海道大学病院 医員
2012年 カナダ オタワ大学留学
2015年 北海道大学病院 助教
専攻 循環器、糖尿病内科
メッセージ ≪只今調整中≫
伊佐田 朗(いさだ あきら)特任助教
大平 洋助教 略歴

2000年 旭川医科大学卒業

2010年 北海道大学大学院修了、医学博士取得  

2011年 北海道大学病院 特任助教
2012年 岩見沢市立総合病院出向

2014年 北海道大学病院 特任助教

2015年 内科Ⅰ医局長

 

専攻 呼吸器病学・アレルギー学
メッセージ 咳や息切れなど呼吸器の症状で気になることや心配なことがありましたら、ご相談してください。話し合いながらよりよい検査、治療をしていきましょう。
鈴木 雅(すずき まさる)助教
鈴木 雅助教 略歴 2000年 北海道大学医学部卒業
2008年 カナダ・ブリティッシュコロンビア大学留学
2009年 北海道大学大学院修了、医学博士取得
2011年 北海道大学病院第一内科 助教
専攻 呼吸器病学
メッセージ 第一内科では呼吸器内科の診療を担当しています。患者さんの目線に立った医療を心がけていますので、お困りのことがありましたらお気軽にお尋ね下さい。
渡部 拓(わたなべ たく)助教
渡部助教 略歴

2001年 北海道大学医学部卒業
2006年 東京大学糖尿病代謝内科留学
2011年 北海道大学大学院修了、医学博士取得
2012年 北海道大学病院 助教

専攻 糖尿病、循環器疾患
メッセージ 糖尿病と循環器疾患を担当しています。糖尿病は患者さんの生活とも深く関わる疾患ですので、患者さんとともに考え、悩み、相談し、最善と考えられる治療を患者さんとともに決めていく姿勢で診療を行なっております。よろしくお願いします。
清水 薫子(しみず かおるこ)特任助教
大平 洋助教 略歴

2002年 北海道大学医学部卒業
2011年 北海道大学大学院修了、医学博士取得
2011年 北海道学病院第一内科 特任助教

専攻 呼吸器病学
メッセージ 呼吸器、循環器・代謝領域において、お一人、お一人の患者様にとっての最良の医療を提供できるよう、全力で取り組ませていただきます。
猪又 崇志(いのまた たかし)教育助教
   只今調整中 略歴

2003年 北海道大学医学部卒業
2013年 北海道大学大学院修了、医学博士取得
2014年 北海道学病院第一内科 特任助教

専攻 呼吸器病学
メッセージ 只今調整中