各検査室の紹介

中央採血室

採血のリスクVVR

VVR(Vaso Vagal Reflex)血管迷走神経反射とは
VVRとは採血で針を刺したとき、心臓の働きをゆっくりさせる神経が刺激され、脈拍・血圧が低下した状態です。 脳に十分な酸素が届かなくなるので、一時的に気持ちが悪くなったり、意識が遠のいて倒れてしまったりすることがあります。 特に採血に対する不安や緊張が強い場合に起きやすいことが知られています。

採血室では転倒防止や応急処置に対応できるよう設備を整備し、 記録を管理しています。
転倒防止・応急処置設備

採血用イス
転倒しないよう,キャスターの無いイスを使用しています。



車椅子
採血室内に車椅子を常備しています。(1台)



ストレッチャー
搬送に対応できるようストレッチャーを設置しています。(1台)



救急カート
血圧・脈拍などのモニターや、処置用具が用意されています。


記録管理

VVR対応記録
VVR発生の際には症状・処置などの記録を残しています。



VVR既往コメント
履歴がある患者さまの採血時にはラベルで注意を促しています。