北海道大学病院 病理部

病院病理部勉強会「BBB」

自由参加の勉強会を開催しています

毎週月曜日、病理部主催の学生向け勉強会を開催しています。
各分野の病理について、病理学から高度な内容まで幅広く教えています。
飛び入り参加もOKです。学生の皆さん、お気軽にご参加ください!

日時:毎週月曜日17:00〜17:30
場所:中央診療棟3階 病理部CR(カンファレンスルーム)
メールはこちら (担当:畑中 佳奈子)

今回の症例 - 勉強会の「お題」

2010年7月3日掲載

60代 男性の胃癌
この腫瘍ではどんなウイルス感染が想定されるでしょうか?

bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

過去の「お題」と回答

2010年4月21日掲載

60代 男性
腹部痛にて大腸内視鏡を施行したところ、発赤、潰瘍が多発し、穿孔にて緊急手術となり、その際の組織像。

答えは
Colon: Amebic dysenteryでした

bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

2009年10月23日掲載

60代 女性
甲状腺左葉腫瘍

答えは
Thyroid: Extranodal marginal zone B-cell lymphoma of mucosa-associated lymphoid tissue (MALT)でした

bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

2009年9月28日掲載

40代 女性
40mm大の境界明瞭、白色の胸膜腫瘤。

答えは
Pleura: Solitary fibrous tumorでした

bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

2009年7月6日掲載

50代 女性
膵臓腫瘍の肉眼写真。腫瘍径は60x43mm大。

答えは
Pancreas: Serous cystadenomaでした

bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

2009年6月12日掲載

50代 女性
肝腫瘍

答えは
Liver: Cavernous hemangiomaでした

bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

2009年5月22日掲載

40代 男性
大腸ポリープ

答えは
Colon: Peutz-Jeghers polypでした

bbb症例bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

2009年4月24日掲載

70代 女性
胃の粘膜下腫瘍

答えは
Stomach: Heterotopic pancreas (aberrant pancreas)でした

bbb症例bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

2009年2月28日掲載

30代 女性
喫煙歴あり、肺の多発嚢胞性病変(弱拡大と嚢胞壁の拡大像)

答えは
Lung: Langerhans cell histiocytosis (eosinophilic granuloma)でした

bbb症例bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

2009年2月16日掲載

30代 女性
甲状腺腫瘍

答えは
Thyroid: Medullary carcinomaでした

bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

2009年1月27日掲載

60代 女性
肝臓腫瘍

答えは
Liver: Epithelioid hemangioendotheliomaでした

bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

2009年1月16日掲載

50代 女性
左上下肢の不全麻痺が進行し、CTにて右前頭葉の石灰化を含む嚢胞性病変を指摘された。

答えは
Anaplastic oligodendroglioma of the brain (right frontal lobe)でした

bbb症例bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

2008年12月16日掲載

30代 女性
右卵巣腫瘍。肉眼所見35cm大の嚢胞性腫瘍で、壁に黄褐色色調の微小嚢胞を認める(写真はその壁の一部)

答えは
Struma ovariiでした

bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

2008年12月16日掲載

60代 女性
左卵巣腫瘍。50mm大の充実性白色腫瘤・弱拡大と腫瘍胞巣の強拡大

答えは
Brenner tumorでした

bbb症例bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

2008年11月21日掲載

50代 女性
虫垂炎の診断で切除された虫垂の粘膜下層に見られた病変

答えは
Appendix: Goblet cell carcinoidでした

bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

2008年11月7日掲載

70代 女性
胃全体にわたる粘膜肥厚と結節性病変。粘膜肥厚部分からの生検検体

答えは
Stomach: Extranodal marginal zone B-cell lymphoma of mucosa-associated lympoid tissue (MALT) typeでした

bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

2008年11月7日掲載

80代 男性
40×32mm大の0-IIc病変

答えは
Stomach: Signet-ring cell carcinomaでした

bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

2008年7月30日掲載

70代 男性
食道切除検体

答えは
Esophagus: Squamous cell carcinomaでした

bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

2008年7月30日掲載

50代 男性
食道生検検体

答えは
Esophagus: Granular cell tumorでした

bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

2008年7月4日掲載

50代 男性
直腸7mm大の粘膜下腫瘍のEMR検体

答えは
Rectum: Carcinoid tumorでした

bbb症例bbb症例

画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。

北海道大学病院 病理部 Department of Surgical Pathology, Hokkaido University Hospital