IMGP0940.JPG

「お薬の専門家」から「薬物療法の責任者」への飛躍

北海道大学病院  薬剤部長  井関 健 (北海道大学大学院薬学研究院 臨床薬剤学研究室 教授)

 6年制薬学教育がスタートした頃は、多くの大学が臨床実践力・即戦力に秀でた薬剤師教育という教育目標を掲げたが、実際に6年間でそのような教育は可能であったのか医療の現場で評価されつつあります。大学で設定された薬剤師育成のための教育モデルコアカリキュラムを今一度読み解いて見ますと、このカリキュラムに基づいた専門教育を100%修得できたとしても、その時点では「薬の管理者」程度の知識と技能は身につくかもしれませんが、医療現場で現職薬剤師が要求される能力のうち、最も高度な薬学的技能である「薬物療法の責任者」にはまだまだ遠いことがあきらかです。当然のことではありますが、医療は常に動いており、典型例のパターン認識のみの習得では対応できない現実があります。
 チーム医療という言葉が現場で汎用されるようになりましたが、「チーム医療」という言葉を今風の解釈で理解するならば、「それぞれ持っている専門的な技術、知識を提供しあって、個々のレベルでは成し得なかった新たな領域、レベルの仕事をすること」と言えると思います。したがって、薬剤師・薬学は、今まで自分たちが最も得意としてきた領域から協力していくべきだと考えます。
そうなると、やはり個体レベルの現象を分子レベルまで掘り下げる、あるいは分子レベルの調節メカニズムから、細胞・臓器レベル、個体レベルと発展させる、という事の相互の事象解明が我々薬学の人間にとっては最も力を発揮できるといえます。
すなわち、病院の中で薬剤師が最も力を発揮できる領域に、「製剤」の技術、品質管理のノウハウがあります。もちろん、それしかできないのでは、現在の医療スタッフとしては不十分であり、より臨床的な知識・技能も必要ですが、それらに加えて、他の医療スタッフには備わっていない感覚が、いわゆる「定量のセンス」「濃度による反応性の大小を理解する」というような科学的なセンスは、薬学系の医療者ならではのものと言えます。
北大病院薬剤部では、従来型の薬剤師業務に加えて、臨床支援業務・医薬品情報管理に必要な専門性の高い臨床薬学の知識・技術を駆使して新医療システムの構築や医薬品レギュラトリーサイエンスなど社会的要求の高い実学的な研究も可能にするような業務展開を図っています。その到達目標は「臨床現場で高度専門医療を遂行するために必要な知識・技能を持つ薬系高度専門医療人の養成」と「疾患から学び臨床へ還元することのできる質の高い臨床薬学研究者・教育者の養成」とし、大学院薬学研究院等と連動させた協働戦略型大学院教育も同時に行っており、その成果を患者さんの薬物治療に還元することを大きな目標として日夜努力しているところです。

bil_b02.gif


〒060-8648
北海道札幌市北区北14条西5丁目