北海道大学病院 超音波センター ホームページ


 


北海道大学病院 診療支援部 超音波センターは、超音波装置を用いた診療及び超音波装置の保守管理を行なうことを目的として設立されました。

院内で超音波装置を用いた検査、診療は多くの科で行なわれています。その中でも最も多くの件数を施行しているのは1階エコーセンターと2階循環器内科心エコー室です。
1階エコーセンターでは放射線科医師や消化器内科医師など担当科医師の指導監督のもと、腹部、体表、血管、泌尿器領域の超音波検査と造影検査を施行しています。超音波検査の造影剤は副作用がほとんどなく、腎不全や気管支喘息などの患者さんでも安心して使用できます。
2階心エコー室では循環器内科の医師の指導監督のもと、精度の高い心エコー検査を施行しています。

超音波検査は放射線の被爆がなく、低コストで反復施行が可能な患者さんに優しい検査です。超音波検査を高い水準で施行でき、日々の診療に役立つよう、各科カンファレンスに積極的に参加し、日夜知識の習得、技術向上、そして装置の点検、整備に努力しています。



 更新情報
 2017.5.23:「業績」,「検査件数」,「スタッフ紹介」, 「共同研究紹介」ページを更新しました.
 2016.8.26:全てのページを更新しました.
 2015.8.19:「スタッフ紹介」,「業績」のページを更新しました.
 2015.2.10:「業績」,「検査件数」のページを更新しました.
 2014.5.11:「業績」,「スタッフ紹介」のページを更新しました.
 2014.2.10:「業績」のページを更新しました.
 2013.6.3:「業績」,「検査件数」のページを更新しました.
 2013.3.21:「スタッフ紹介」,「業績」のページを更新しました.
 2012.11.10:「業績」のページを更新しました.
 2012.6.6:「業績」,「検査件数」のページを更新しました.
 2012.3.20 : 「業績」,「共同研究紹介」ページを更新しました.
 2011.12.26 : 「業績」,「検査件数」のページを更新しました.
 2011.9.20 : 「業績」のページを更新しました.
 2011.4.6 : 「スタッフ紹介」,「業績」のページを更新しました.
 2010.11.12 : ページを公開しました.

  

 北海道大学のページへ
 北海道大学病院のページへ