乳がん市民公開講座を開催しました

 2016年10月16日(日)に第4回目となる乳がん市民公開講座を開催いたしました。
過去3年間と比べると、30代、40代の来場者数がかなり多く、将来乳がんになるのでは・・・といった心配をされている方や、若年性乳がんへの関心の高さが窺えました。
「自分なりに調べてみたけど分からなかったことが、今回理解できました」
「大学病院は敷居が高いイメージでいたが、印象が変わりました」
 こうしたご意見をいただくと、私たちも公開講座の大切さを改めて感じます。
 病気の辛さは病気になった人でなければ分かりません。患者さんご自身はもちろん、ご家族や周りの人も乳がんについて、また乳がん治療について正しい知識を得られるよう、市民公開講座を続けていきたいと思います。
 世界中の医師たちが日々研究を重ね、乳がん治療は日々進歩しています。医学の進歩とともに、診療ガイドラインも定期的に更新されています。是非、乳がん診療ガイドラインをご覧ください。
 
 最後に、この度の開催にあたりご尽力いただいた皆様、誠にありがとうございました。

                

     
 

ページトップへ