研究と業績

私たちは、乳がんの基礎的研究を臨床に生かすことを目指したトランスレーショナルリサーチを行っています。医学の進歩に貢献する可能性に加えて、基礎的研究に触れて疾患の本質を見極める目を養うことにより、臨床においてはより質の高い診療に繋がると考えています。

研究テーマ

  1. 乳癌の生物学的特性と宿主の要因に基づいた適切な治療法の開発に関する研究
  2. エストロゲン依存性乳癌の発症メカニズムの解析:易罹患性の同定と発症予防へ

業績

  1. 論文
  2. 学会発表

論文 Papers

2018
2017
2016
2015
2014
2013
  2012
2011
2010
-2009 (英文、first または corresponding author のみ)

ページトップへ

学会発表 Presentations
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012

全国学会
2018年

2017

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年

地方会

2018年
2017年
2016年
2015年

2014年
2013年
2012年

ページトップへ