各検査室の紹介

検体検査〜遺伝子染色体検査室〜

遺伝子・染色体検査室では、白血病や悪性リンパ腫などの造血器疾患に関連した染色体検査、遺伝子検査を行っています。
また、血液中のウイルス(HBV・HCV・HIV)定量検査も行っています。

遺伝子や染色体ってなんだろう?

遺伝子とは

地球上の全ての生物の身体は、アデニン(A)、チミン(T)、シトシン(C)、グアニン(G)という 4種類の塩基が無数に連なったDNA(デオキシリボ核酸)と呼ばれる設計図を基に作られています。
DNAはお互いに対をなした2本の塩基鎖(一方がAなら他方はT、CならG)がらせん状に結合しています。
そしてDNA上には、どのような物質を作るかを決める塩基配列の最小単位である遺伝子が並んでいます。
つまり、遺伝子とは身体の色々な部品の設計図なのです。

DNAはふだん非常に細い糸のような状態で細胞内の核と呼ばれる袋に入っていますが、 細胞が増える課程で顕微鏡でも観察できるほどに凝集する時期があります。
このDNAが凝集したものが染色体です。

染色体の本数はそれぞれの生物で異なっています。
ヒトの場合は常染色体と呼ばれる22対の染色体と、 性別を決める性染色体2本(女性はX染色体2本、男性はX染色体1本とY染色体1本)の合計46本の染色体を持っています。


遺伝子染色体検査室の主な業務
染色体検査
遺伝子検査
ウィルス定量検査

検査室の風景