各検査室の紹介

検体検査〜遺伝子染色体検査室〜

ウイルス定量検査

 本検査室では、血液中のB型肝炎ウイルス(HBV:hepatitis B virus)とC型肝炎ウイルス(HCV:hepatitis C virus)、 AIDSの原因となるヒト免疫不全ウイルス(HIV:human immunodeficiency virus)をPCR法で定量しています。

 検査には血しょう中のウイルス核酸の抽出からPCRまでを行う全自動定量PCR装置を使用し、 一度に多数の検体を迅速に測定することができます。 この検査結果は、ウイルスの感染を証明するためだけでなく、治療薬の発達にともない治療効果の判定にも重要な情報となります。

遺伝子染色体検査室の主な業務
染色体検査
遺伝子検査
ウィルス定量検査