各検査室の紹介

生理機能検査室-脳波・神経生理検査室-

誘発筋電図検査

末梢神経には、痛みや温度を感じる感覚神経と、手や足などを動かす運動神経があります。
神経が障害されると、手や足の先から痛みやしびれなどの症状が現れたり、 運動神経も障害され、力が入りにくくなったりします。

検査の目的

糖尿病による神経障害、多発神経炎、ギランバレー症候群などの神経に関する病気の診断をしたり、 治療の効果を調べています。

検査方法

体に害のない小さな電流を流して筋肉を動かし、その時の神経の動きを機械で読み取り、 波形として記録していきます。


手や足から、弱い電気で刺激をし、神経の反応を検査します。

検査時間・注意事項

・検査時間は、準備などを含めると30分〜1時間程度かかります。
・トイレなどは事前に済ませておいてください。
・食事は、通常通りで構いません。
・検査時に痛みを伴うため、検査中に変わったことがあれば、すぐにお知らせください

どんな時に検査をするのか?

手足のしびれを感じ始めた時
自覚症状が出ていない感覚神経障害も知ることができます。
手足の動かしにくさを感じ始めた時
動かしにくい原因が、神経に障害があるのか、筋肉に障害があるのかを判断します。