各検査室の紹介

生理機能検査室-脳波・神経生理検査室-

聴性脳幹反応検査

聴性脳幹反応とは、高齢者や乳幼児など、音が聞こえたかどうかを回答できない人に行う聴力検査のことを言います。
クリック音(カチカチカチ…という小さな音)を聞かせて聴神経の伝わり方でどこに異常があるかを調べることができます。

検査の目的

音が聞こえたかどうかを回答できない人に行う聴力検査の他に、 手術のときに脳幹に異常がないか、脳死判定などにも使われています。

検査方法

左右の耳たぶ、頭に計4ヶ所に電極を取り付け、ヘッドホンをします。
検査開始とともにヘッドホンから音が聞こえると、脳が反応して波形が生じます。 その波形を検査しています。

検査時間・注意事項

・検査時間は、準備などを含めると30分程度かかります。
・トイレなどは事前に済ませておいてください。
・食事は、通常通りで構いません。
・検査時に痛みはありません。
・検査中は体を動かさないようにしましょう。
・検査中、変わったことがあれば、すぐにお知らせください。