各検査室の紹介

輸血検査室〜輸血検査室の業務〜

1.血液製剤の管理

血液製剤は、日本赤十字血液センターで献血者から採血された血液成分からつくられます。
血液製剤1バッグは1人の献血者の血液から作られています。

それぞれの血液製剤は保管温度、有効期限が異なるため、
温度管理された専用の冷蔵庫、冷凍庫に保管しています。

○赤血球製剤

赤血球が足りない貧血の状態に用いられます。

保存温度 2〜6℃
○新鮮凍結血漿

主に血液凝固因子が欠乏した時に用いられます。

保存温度 -20℃以下
(溶かして使います)
○濃厚血小板製剤

止血に必要な血小板が足りない時に用いられます。

保存温度 20〜24℃(室温)
血液型ごとにラベルの色が異なります。