豌エ蜿」雋エ蜿イ.JPG

一日のスケジュール
8:30-9:00 患者・処方情報収集 
9:00-9:30 注射臨時カート鑑査
9:30-10:30 調剤業務
10:30-12:00 病棟業務
患者面談
持参薬聞き取り
副作用モニタリング 
13:00-14:00 製剤室業務
14:00-16:00 病棟業務
16:00-17:00 記録記載

病棟薬剤師

1.病棟業務の概要
病棟で薬剤師が行う業務は多岐にわたります。入院時には内服薬聞き取り、アレルギーチェック、薬物菅相互作用の確認を行います。また、入院中の薬物療法に対しての薬剤管理指導業務や、病棟薬剤管理業務を行っております。私の担当病棟では、化学療法、ステロイド、医療用麻薬などの服薬指導や治療効果のモニタリング及び評価も病棟業務の中心としています。

2.病棟薬剤師として活躍できた点
薬物治療での薬物の選択や用法用量を処方決定前に医師と協議して安全な薬物療法を行うことは病棟薬剤師として主に活躍できるポイントだと思います。また、日々の患者モニタリングから薬物療法に伴う有害事象を早期に発見し医師へ処方提案する事でより安全な治療のサポートすることができます。また、病棟での医薬品適正使用にも貢献することができ、患者さんへの不利益を未然に防ぐことができます。

3.やりがい
患者さんの温かい言葉がとても嬉しいです。「あなたが一番わかりやすいし、話しやすい」と言っていただけたこともありました。薬剤師は医師や看護師とは異なり、遠慮無く話せる存在なのかもしれません。また、他の医療従事者と協議し、最適な薬物療法を選択するうえでの一端をになうことができるのも大きなやりがいの一つです。

4.就職希望者へのメッセージ
今の自分には何ができるか、それをとことん考え、医療従事者と協議しながら臨床現場で働きたい人には最適な環境だと思います。また、研究活動も行うこともできます。人間が好きな人、薬剤師としてのスキルも付けたい、伸ばしたい人をお待ちしています。まずは見学に来てください。









bil_b02.gif


〒060-8648
北海道札幌市北区北14条西5丁目