IMG_2341.JPG

一日のスケジュール
8:30-10:30 散薬分包・薬剤発注
10:30-12:00 返品薬処理・薬剤棚補充
13:00-15:00 分包機清掃・消耗品在庫確認

技術補助員

北大を選んだ理由
私自身は公私ともにお薬とはあまり関わりのないところで生活をしてまいりました。ところが以前の職場で、当院の薬剤部薬剤師と共にお仕事をさせていただきまして、大変お世話になりました。そのことがきっかけで、ここの薬剤師の力となれるような仕事がしたいと思い北大の薬剤部を志願し、入職いたしました。

業務内容
計数調剤・散薬分包は、技術補助員の業務の中で最も基本的な調剤の業務です。散薬調剤では薬剤師が秤量した散剤を分包機に通し、その工程に異常がないか、細かい異物が混入されていないかを確認しながら行います。計数調剤では名称やデザインの似た薬剤に注意しながらどちらも機械を用いながら調剤を行い、薬剤師のチェックを受け、最終的な監査に委ね、皆様のお手元にお薬をお届けいたします。
その他、薬剤の発注や、消耗品の発注などの在庫管理業務、機器のメンテナンスや清掃などの環境整備も薬剤師が監査や疑義照会に全力を尽くせるよう私たちが担い、重要な業務のひとつとして行っております。

北大に入職してよかった点
薬剤師でなくても、仕事の上で感じた疑問や発見などに対し、突き詰めて調べることができることです。またそれを温かく見守り、指導してくださるたくさんの薬剤師に恵まれております。働きながら学ぶことができるという点においては、この大学病院は最高の環境です。

就職希望者へのメッセージ
私どもの病院では便宜上技術補助員と呼ばれ、米国、英国ではpharmacy technicianとひとつの資格として呼ばれております。まだまだ日本では制度化されているとは言い難いですが、だからこそ、この開拓使の地、北大で学び、試行錯誤しながら世界へと発信できるメイド・イン・ジャパンのpharmacy technicianを創りあげるさきがけとなりませんか。
みなさまの夢をお待ちしております。








bil_b02.gif


〒060-8648
北海道札幌市北区北14条西5丁目