薬剤師の業務:製剤室

現在、厚生労働省から承認された医薬品数は薬1万9千品目あり、これらはすべて薬物療法に欠かすことのできないものばかりです。

しかしながら、製薬企業から供給される市販医薬品は含量や剤型が一定の規格になっているため、患者さんの多様化したニーズに完全には対応できません。また、患者数の少ない病気に対する医薬品や安定性が良くないため製品として適していないものは、コストの面から製薬企業ではほとんど製造されていません。

このような状況においては、病院の薬剤部で患者さんの病状にあわせて剤形を変更したり、医薬品原料を購入して患者さんの治療に適した剤形をに製剤化しています。

病院内で調製されたこのような剤形を「院内製剤」と呼び、その調製は医療現場と製薬企業の溝を埋め合わせている極めて重要な薬剤師の仕事の1つです。この院内製剤により患者さんのQOL(生活の質)は格段に向上します。最近では治療を目的とした製剤のみならず、病気の診断を目的とした製剤も調製しています。

院内製剤名 対象疾患
アロプリノール含そう剤 抗がん薬の投与に伴う口内炎の予防
人口唾液0.2%PANA 口内乾燥症 
ブロー氏液   難治性の慢性中耳炎、外耳道湿疹・真菌症
インターフェロンα2b点眼  結膜扁平上皮癌 
 デノシン点眼液 難治性角膜炎、角膜ブドウ膜炎 
 フロリード点眼液  核膜真菌症、アカントアメーバ角膜炎
安息香酸ナトリウム錠
アルギニン錠 
先天性尿素サイクル異常症に伴うアンモニア血症 
 ヒスチジン銅注射剤  メンケス病(先天性銅吸収障害)
 フェノール注射剤 神経ブロック 
 チラーヂン坐薬  甲状腺機能低下症
 3%ヨードアルコール 無汗症・乏汗症の診断 


bil_b02.gif


〒060-8648
北海道札幌市北区北14条西5丁目