無菌調製

薬剤部では

・TPN製剤(高カロリー輸液などの栄養剤)
・無菌部で使用する抗生物質や免疫抑制剤(移植における拒絶反応を抑える薬)
・抗がん剤

の無菌調製を行っています。

TPN製剤はその性質上、また、無菌部で使用する薬剤は患者さんの状態(免疫力が低下している)を考慮し、混合した薬剤の無菌性が強く求められます。薬剤部では、無菌環境下でこれらの薬剤を調製することにより、細菌汚染のない安全な薬剤を提供しています。また、抗癌剤は調製する医療従事者や調製環境への暴露の危険があるため、休日も含めて、薬剤部内にある安全な設備(安全キャビネット)を使用して調製を行っています。

安全な薬剤の提供のために、無菌調製の前には、注射剤混合による配合変化(混合により起きた化学反応で成分が分解したり沈殿物が生成したりすること)の有無や抗癌薬のレジメン(薬剤の組み合わせとその用量およびスケジュールが書かれた予定表)の確認を行っています。とくに、配合変化の確認は、化学を専門とする薬剤師が行うことで、薬剤の適切な投与に貢献しています。




bil_b02.gif


〒060-8648
北海道札幌市北区北14条西5丁目